ネットカフェの未成年者の利用

オリジナル見出し01

ネットカフェを未成年者が利用する場合には気を付けてください。


まず深夜営業をしているお店は都道府県の条例により18歳未満の人の立ち入りが禁止されている場合があります。
それぞれによって禁止となる時間が違いますがホテルの代わりに利用しようと思っている方は気をつけてください。また条例上は問題なくても大手のネットカフェでは独自に取り決めをしている場合もあります、お店によっては18歳未満と16歳未満と年齢による区分があります。それでは保護者との同伴の場合は18歳未満でも利用できるのでしょうか。

同伴でもできません、親子関係を証明できたとしても18歳未満の人が立ち入る事自体を禁止しているので利用できないので気を付けてください。
ただそれ以外の時間帯であれば子供でもネットカフェは利用できます。


子供の場合は自分の部屋の別荘ができたような気分で楽しめますし少ないお小遣いでも最新刊が読めるのがいいところです。


実際に家族で楽しんでいる方もいらっしゃいます。


子供にとっては好きなだけ飲んで遊べる楽しい空間です。利用している最中にネットカフェの決める禁止時間になったときには店員が帰るように催促してきますのでそれまでには出るようにしてください。

ちなみにネットカフェは初回利用時に身分証明書を提示し会員証を作りますので年齢を詐称することはできません。

学生の方は学生証が自分証明になります。

それがない方は保険証などを証明書のかわりにしてください。

















関連リンク

  • タイトル21

    ネットカフェを宿泊目的に使う方はシャワーを使うといいでしょう。大体利用料は三十分程度で200円から300円程度になりますがこれにはアメニティなども含まれています。...

  • タイトル22

    ネットカフェも競争が進み、他にはないサービスを行うお店も増えてきました。もはや、インターネットが出来る喫茶店ではないと言えるでしょう。...